ホーム / 新着情報 / 《New Post》小坂ぶどう物語【やまぶどう系品種】new virsion2024
 
KOSAKA_BUDOU_SP240404_1

山ぶどう系品種 成長日記
2024年5月9日 天候:晴れ

小坂のぶどう園は今、「展葉期(葉が出る)」を迎えています。
丁度GW中は、温かい日が続いたこともあり、この時期にしては「葉」の数が多くなっています。
展葉の葉がまだ少ないこともあり、「芽かき」作業というところまでは行っていません、
この時期気を付けなければいけないのが、朝晩冷え込むこともあり、突然の「雹」などに見舞われる時期でもあります、状況を見ながら「芽かき」のタイミングを図ります。
今月中旬以降にかけて、展葉が3枚~5枚になったあたりには、ぶどうの枝も成長期に入るので、「芽かき」と枝の「誘引」作業が同時進行で行われる予定です。

展葉①
展葉②

山ぶどう系品種 成長日記
2024年4月1日 天候:曇り

2024年度の「小坂ぶどう物語」が本日よりスタート致します。
小坂町では雪解けが進み、葡萄の枝の誘引が始まりました。今後の樹形を想像して、新梢が生えてくる主枝を棚に固定していきます。棚で枝や葉が入り組まないように注意を払いながら作業を行っていきます。将来的にも、品質の良い葡萄を安定して収穫していくためにも重要な作業です。
今年はまだ4月初旬ですが、木々には樹液が滲みだし、既に萌芽期(芽が出る)を向かえております。

まだまだ小さくかわいらしい芽ですが、5月に入ると一機に成長を始め、展葉期(葉が出る)を迎えます。冬の剪定、春の種枝誘引、そしてこれから始まる芽かき作業は全て連動することが大切です。収穫時期には理想の生育となっていることを目標に農家の腕の見せどころになります。

種枝誘引①
種枝誘引②
萌芽※まだまだ本当に小さいです
樹液が染み出しています。